Time!

タイムリーな情報がよくわかる!

ニュース

【恐喝】小高優希の顔画像やfacebook・経歴職業などは?【逮捕】

投稿日:

 

こんにちは。

 

小高優希容疑者が、恐喝で現金100万円以上をだまし取ったとして逮捕されました。

 

この記事では、事件の概要や小高優希容疑者の顔画像や経歴・facebookアカウントなどについて調査していきます。

 

Point!

・小高優希容疑者の顔画像は?

・経歴やfacebookアカウントなどプロフィールは?

・事件の概要

 




【恐喝】小高優希の顔画像やfacebook・経歴職業などは?【逮捕】

 

まずは、この事件の概要から見ていきます。

 

小高優希容疑者が、恐喝で100万円をだまし取った疑い

 

この事件ですが、名古屋市の男性(41)と合意のもとで性行為をし、その後に

「警察官に被害届を出していいと言われているから今から出しに行く。」

などといって現金を脅し取ったということです。

 

このように言われてしまったら、男性側は驚いてしまうし、また本当に裁判になったら「合意があった」ことを証明して勝つのは難しいので、つい要求をのんでしまいます。

 

さらに3日後にも男性を呼び出し14万7000円を脅し取った疑いです。

 

警察によりますと、小高容疑者は今年1月、名古屋市の男性(41)と合意のもとで性行為をした直後に、「警察官に被害届を出していいと言われているから今から出しに行く。どう責任取るんだ」と現金を要求し男性から100万円を脅し取り、その3日後にも男性を呼び出し「あんなんじゃ足りん。女の体なめんなよ。100万円」などと要求し、さらに14万7000円を脅し取った疑いがもたれています。

引用:Yahoo!ニュース

 

最近は、こういった行為の合意について、同意書を作るべきだなどという話も出てきているほどです。

 

 

この容疑が本当だとしたら、こういった性的優位性を利用して男性を騙すようなことがあるということについてもっと真剣に考えるべきですね。

 

こういったことに合意をわざわざ確認するなんて、ムードも何も無くなってしまいますが、、こんなことがあっては、男性も恐ろしくて仕方ありません。

 

小高容疑者は、否認しているようです。

 

警察の調べに対し小高容疑者は「脅し取ってない。相手が払うと言ったからもらっただけ」と容疑を否認しています。

引用:Yahoo!ニュース

 

このような事件が大阪や愛知で10件ほど起こっているようで、これについてももしかしたら小高容疑者が関与しているのではとしてそうされています。

 

小高優希容疑者の顔画像や経歴・facebook・職業は?

 

小高優希容疑者について報道でわかっている情報をまとめると、以下のようになります。

 

 

名前:小高優希

年齢:24

職業:職業不詳

住所:住所不定

 

以上のように、あまり情報は出ていません。

 

住所不定で職業不詳なのもまた、よくわからないところですが、こういったことをして稼いでいたのでしょうか?

 

facebookアカウントについても、同姓同名アカウントしか見つからず、本人だと断定できるものはありませんでした。

 

顔画像についても公表されていません。




世間の声:小高優希容疑者について

 

そこでいったん100万円払っちゃう男も男だな……
こんな連中を相手に捜査しなくちゃならない警察の方々とか、すごく大変そう。お仕事とはいえ、ご苦労さまです。

 

合意の上なら堂々としてればいい
「被害届?出せば?」でOKだろ
ホテルまでの道のり、ホテルのフロントにも防犯カメラは必ずある
無理矢理連れ込んだかどうかなんてその映像の雰囲気見れば明白

くだらない詐欺や脅迫で金むしり取られる側も問題あるね

 

払う方がどうかしてます。恐喝されたと先に警察に通報すべきですね。

 

なんかマッチングアプリが無法地帯化しているし、誰がどんな状況で事件に巻き込まれるかわからん。同意かどうかは、メッセージのやり取り見せれば直ぐにわかるし、警察に被害届を出すと言えば無知な男性はビビってお金払うよね。痴漢の冤罪もグルになってビビってお金で解決してしまうのはたまに聞くけどね。男も女も悪い輩は一定数いるから怖ないね。

 

この被害者はわかりませんが妻子持ちなら十中八九払う、表に出ないだけでこういう事案は多いでしょう。
多くの美人局が捕まらず同じ事を続けている。
余罪追求したほうがいいかもね。

 

【2021彼女】袴田吉彦の金髪新恋人は誰で顔画像は?美容サロン経営者!馴れ初めやいつから付き合っていた?【ロングヘア交際相手】

【ひき逃げ】山名優希の顔画像やfacebookは?【電動キックスケーター】







-ニュース

執筆者: