Time!

タイムリーな情報がよくわかる!

芸能

太代眞裕の経歴wikiや顔画像・監督作品などプロフィール【アンジェラ芽衣】

投稿日:




 

こんにちは。

 

ギャラ未払い騒動関連で、映画プロデューサーの太代眞裕さんが話題になっています。

 

アンジェラ芽衣さん主演のドラマ、「アキハバラ@DEEP2.0(ツーポイントオー)」でスタッフへのギャラ未払いがウワサされているのです。

 

そこで今回は、太代眞裕さんについてwiki経歴や顔画像・監督作品などプロフィールについてまとめていきます!

 

Point!

・太代眞裕さんのwiki経歴や顔画像は?

・監督作品やプロフィールまとめ

 




太代眞裕の経歴wikiや顔画像・監督作品などプロフィール【アンジェラ芽衣】

 

まずは、太代眞裕さんの報道について見ていきます。

 

ギャラ未払いで詐欺?太代眞裕さんとアンジェラ芽衣さんが報道に

 

この件について、Yahoo!ニュースでは以下のように報じられています。

 

トラブルの舞台となっているのは「アキハバラ@DEEP2.0(ツーポイントオー)」(以下アキハバラ)という作品だ。作家・石田衣良の人気小説を原作にした全8話のネットドラマで、出演者には9人組の男性アイドルグループ「MeseMoa.」のメンバーほか、青年誌のグラビアページの常連であるアンジェラ芽衣(23)らが名を連ねている。公式サイトには、2020年9月から「Amazonビデオ」や「U-NEXT」など9サイトで配信される旨が記載されている。

だが現在、「アキハバラ」はどの配信サイトでも観ることができない。

さらにはドラマの公式Twitterには《金返せよ》といった不穏なリプライ(返信)が確認できるのだ。

「われわれスタッフへのギャラが未払いにも関わらずネットで配信されているのはおかしいと、配信停止を求めた結果、いまは観られなくなっています。4月4日には、制作会社に損害賠償を求め、東京地方裁判所に提訴しました」  こう証言するのは「アキハバラ」に携わった女性スタッフだ。

Yahoo!ニュース

 

このように。「アキハバラ」というドラマでスタッフに対してギャラが未払いの状態にあるという報道です。

 

そこで、現在は未払いのギャラや立て替えた経費など、約850万円の損害賠償を求めて訴訟しているそうです。

 

また、衣装台の立て替えもスタッフが払っていて、お金が返ってきていないようです。

 

この裁判において、名前が取り上げられているのが、「アキハバラ」の作品運営をしていたアイモーション社の取締役の太代眞裕というプロデューサーです。

 

「元凶は、アイモーション社の取締役でもある太代眞裕というプロデューサーです。これまでも、彼の詐欺的な仕事によって、何人もの業界人が泣き寝入りしてきました」

Yahoo!ニュース

 

「業界ではそこそこ知られたプロデューサーで、年齢は60代後半くらい。古くはスザンヌ主演の『いぬばか』(09年)や、風間俊介の『前橋ビジュアル系』(11年)、生瀬勝久と小西真奈美が出演した『スープ 生まれ変わりの物語』(12年)などの作品に参加してきました。最近では元AKB48の板野友美が主演した日中合作映画『徐福~永遠の命を探して~』(19年)でプロデューサーをしています。が、少なくとも直近で手がけた3作品で、スタッフのギャラ未払いが起きているのです」

Yahoo!ニュース

 

このように、太代眞裕さんが手がけた作品において、ギャラの未払いが起こっていると言います。

 

また、以下のようにロケ弁がやすかったり、台本が完成しない、編集が丸投げなどと言われています。

 

「私が太代プロデューサーから声をかけられたのは8月頃でした。が、撮影まであと一カ月を切っているというのに、助監督など撮影に必要なスタッフが揃っていない有様。いざ撮影が始まっても、ロケ地の下見もしていません。たとえば神社のシーンがあるのですが、これはアポなしで神社にお願いし、なんとか撮れたものです。本来は『制作部』という、プロデューサーの下で製作費を管理したり、ロケ弁当を手配する係がいるのですが、太代プロデューサーは『制作部』を用意しない。で、弁当は300円かそこらのコンビニ弁当で済ませるのです。出費をケチりたいのでしょう。太代プロデューサーの妻と娘も現場を手伝っていたのも、人件費を削りたかったのかもしれません」

Yahoo!ニュース

 

「本来、本読み(台本読み)は撮影一か月前には行われるはずですが、なかなか台本が完成しないため、皆さんギリギリでセリフを覚えていました。スケジュールを管理するラインプロデューサーも不在で、撮影はグダグダ。前日の夜遅くにならないと次の日の予定が決まらないのです。てっぺん(深夜0時)まで撮って、その日の朝6時から撮影、なんてハードな日もありました。実際、さるベテランの出演者の方は、体調を崩し倒れてしまいましたから」

Yahoo!ニュース

 

「編集を“丸投げ”ですよ。でも、とにかく配信までこぎつけないことにはお金が入らないわけです。スタッフは台本を元に憶測で編集し、なんとか間に合わせました。一部、音声が採れていないシーンもあり、冷や汗ものだったと聞いています……。その後、太代プロデューサーは行方をくらましてしまい、今どこにいるか分からないのです。メールやLINEでスタッフがせっつくと、『コロナの影響で会社の先行きが不透明で』などと言い訳し……もはや詐欺としかいいようがない手口です」

Yahoo!ニュース

 

また、妻と娘も現場を手伝っていたとの報道がありました。

 

さて、そのように報道されている太代眞裕さんとは一体どのような方なのでしょうか?

 

太代眞裕さんの経歴wiki顔画像などプロフィール!

 

太代眞裕さんについての情報は、あまり公開されていません。

 

また、調べてみると、太代眞裕さんという名前で、

「(株)リンクライツ(東京)/映画・ビデオ制作」

という会社の代表であるとの情報が出てきました。

しかしこの会社はすでに破産手続きをしています。

 

ただ、これについては名前が同じというだけで、今回のご本人と確定はしていません。

 

また、顔画像については、こちらの記事の写真の左側の人物であるとの情報があります。

https://inubakaweb.exblog.jp/12897104/

 

太代眞裕の監督・プロデュース経歴がある作品まとめ

 

太代眞裕さんが関わった作品は以下のようなものがあります。

 

魔睡2019
企画・プロデュース

少女椿2016
製作

HARAJUKU CINEMA2014
エグゼクティブプロデューサー

フレア2014
製作総指揮

花鳥籠2013
企画・プロデュース

スープ ~生まれ変わりの物語~2012
製作

それでも花は咲いていく2011
製作

いぬばか2009
企画・プロデュース

やさしい旋律2008
プロデューサー

セックスエリート 年収1億円、伝説の風俗嬢をさがして2007
製作プロデューサー

 

引用:https://www.allcinema.net/person/795171

 




世間の声

 

地上波BSなど既存の放送以外にネット配信などの番組提供の方法が増えるとこういう粗悪な制作会社とかプロダクションは増えるだろうね。

 

こういう曰く付きだと聞くと途端に観たくなる下衆な心理…。
権利者変更とかして再編集版を配信して出演者やスタッフにお金がいくように出来ないのかな。

 

過去にも似たような話って何度もあっただろうけど、未払いを何度も起こしてるのに業界に居残ってる人がいたり、未払い案件があるのにそれを知ってて撮影に参加する人とか、自浄作用みたいなのが働かない世界の代表格ですよね、芸能界って。

 

【罰金】大坂なおみの会見拒否の理由はなぜ?過去の失礼な会見の例などから推測

石川由依の結婚相手は誰で顔画像は?馴れ初めや矢崎広との噂は?







-芸能

執筆者: