Time!

タイムリーな情報がよくわかる!

生活

塩化ナトリウムの入ってない上質な塩とは?天然塩と塩化ナトリウムの違い

投稿日:




 

こんにちは。

 

Twitterで、「塩化ナトリウム」がトレンドに入っています。

 

Twitterによると、「塩化ナトリウム」を控えて上質な塩を取ろうとツイートした方に対して、「塩化ナトリウムの入ってない塩ってなんだ?」と疑問の声が上がっているのです。

 

そこでこの記事では、「塩化ナトリウムの入ってない塩」とは何か、いったいどういうことかをまとめていきたいと思います。

 

記事の内容!

・「塩化ナトリウムの入ってない塩」とは?

・塩化ナトリウムと天然塩は違うの?

 




塩化ナトリウムの入ってない塩とは?天然塩と何か違う?

 

 

「塩化ナトリウム」について、Twitterでこのように話題になっています。

 

出典:https://twitter.com/SukunaBikona7/status/1379719114164293632

出典:https://twitter.com/SukunaBikona7/status/1379719114164293632

出典:https://twitter.com/SukunaBikona7/status/1379719114164293632

出典:https://twitter.com/SukunaBikona7/status/1379719114164293632

 

 

この様に、「鈴木たか」という方のツイートから「塩化ナトリウムの入ってない塩」が騒がれ始めたわけです。

 

天然の塩の成分は?

 

天然の塩の成分は、「塩化ナトリウム」です。

 

では、「塩化ナトリウムの入っていない塩」とはなんなのでしょう?

 

塩化ナトリウムの入ってない塩とは?

 

これについてですが、おそらくTwitterで騒がれている意味通りのことではなくて、「鈴木たか」さんが言いたかったのは、「精製した塩化ナトリウム」つまり、精製した食卓塩や調味料の塩をたくさんとるのはだめだけれど、ミネラルなどもたくさん含んでいる天然の塩や、もともと食材などに入っている塩分はとってもいいよという意味だと思います。

 

NaCl純度の高い精製塩を「塩化ナトリウム」と表現したということでしょう。

 

天然塩にふくまれるカリウムは余分な塩分を排出する役割もありますし、またカルシウムなども含まれていますし。

 

「塩化ナトリウムの入ってない塩」は存在する?

 

実は、「塩化ナトリウムの入っていない塩」はかつて存在したのです。

 

これは、「無塩塩」という商品で、塩化ナトリウムの代わりに「塩化カリウム」を使ったものでした。味は普通の塩とあまり変わらないもので、当時塩化ナトリウムのナトリウムが血圧をあげると言われていたので、カリウムに置き換えたものが作られたそう。

 

ですが、カリウムもとりすぎると心臓や腎臓に負担になることがわかり、今では50%ずつナトリウムとカリウムの入った「減塩塩」というものは存在しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

H@co(@t.ha.com06)がシェアした投稿

 

【熱愛】King Gnu常田大希とemmaの馴れ初めは共演?匂わせがすごいとの声も【動画】 

進撃の巨人・川窪慎太郎の経歴や学歴は東大で有能?wikiプロフィールまとめ!







-生活

執筆者: