Time!

タイムリーな情報がよくわかる!

生活

【MEGA地震予測とは】入会方法や料金、使い方など徹底解説!的中率は91%?過去の予測的中例も!

投稿日:









こんにちは。

 

最近、地震がとても多いですね( ;∀;)

 

昨日2021年3月20日にも、東北で大きな地震と津波注意報がありました。

 

そんな中、Twitterでは「MEGA地震予測」というワードがトレンド入りしています。

 

ツイートを見てみると、「MEGA地震予測が的中させた」「日付や規模まで一致してる」など、どうやら今回の地震を「MEGA地震予測」が予測していたみたいです。

 

 

このように、昨日の地震が当たったとのツイートが。

 

そこで今回は、この気になる「MEGA地震予測」の入会方法や料金、使い方などを徹底解説します!

 

また、的中率は91%という噂も聞いていますので、過去にあった地震とMEGA地震予測の予測が的中した事例などもまとめておきます!

 

記事の内容!

・MEGA地震予測の使い方や料金、入会方法など

・MEGA地震予測が的中させた事例は?

 




「MEGA地震予測」とは?入会方法や使い方、料金など!

 

それでは、MEGA地震予測について順番に解説していきます。

 

MEGA地震予測とは?

 

MEGA地震予測とは、測量学の権威で東大名誉教授の村井俊治さんが主催するWebサービス・アプリです。

 

このサービスは株式会社地震科学探査機構(JESEA)が提供していて、宇宙から実際の地面の動きをとらえることで地震の前に現れる異常変動を検知して予測情報を配信します。

 

その機能として、以下のようなものがあります。

 

 

・エリアごとの警戒レベルマップ

・動画による予測の解説

・予測の元となる前兆の根拠の解説

・地殻変動マップ

 

等です。

 

 

料金やプランは?

 

MEGA地震予測の料金ですが、以下の表のようになっています。

 

出典:https://www.jesea.co.jp/plan/

 

Webサービス、アプリ版は380円、メルマガは220円です。

良心的な価格ですね。

 

Webサービスは登録した初月が無料、アプリ版は初回登録日から1ヶ月間(30日間)無料ですので、ぜひ登録してみてください!

 

登録はこちらからできます↓

iOS版

Android版

Webサービス版

 

また、料金の支払い方法に関しては、以下の通りです。

 

Web版:クレジット・銀行振込・コンビニ支払い

アプリ版:クレジットカード・デビットカード・キャリア決済

メール版:クレジットカード・キャリア決済等(配信会社により異なる)

 

 

入会方法や登録方法、使い方など!

 

それでは、画面を見ながら入会方法を見ていきます。

 

まず、ご自身の登録したいサービスのインストールページにいきます。

 

登録はこちらからできます↓

iOS版

Android版

Webサービス版

 

ストア画面からインストールすると、このようになります。

 

 

ここで、「まずは1ヶ月無料でお試し」ボタンを押し、進みます。

 

 

そのまま進みます。

 

 

すると、簡単に登録できました。

 

解約方法

 

解約方法を説明します。

※アンインストールしても解約されませんので、必ず以下の方法にしたがって退会してください。

 

iOS版

 

①iPhoneの設定から、Apple IDをタップします。

②「サブスクリプション」をタップします。

③「MEGA地震予測」を選びます。

④「キャンセルする」をタップします。

 

Android版

 

①Google Playストアを起動し、左上メニューアイコンからアカウント画面へ

②定期購入をタップ

③「MEGA地震予測」をタップ

④「定期購入を解約」をタップ

 




MEGA地震予測が過去に予測を的中させた例は?

 

このMEGA地震予測、料金を払うのであれば信頼性が不安ですよね。

 

そこで、過去に地震予測が当たった例を見ていきます。

 

北海道胆振東部地震

 

北海道胆振東部地震では、しっかりと予測情報が出ていたと言います。

 

 

公式見解も出ていますが、はっきりと地震の前兆がデータとして現れていたようです。

 

 

長野地震

 

 


 

3月20日の宮城の地震

 

 

 

熊本地震

 

 

まとめ

 

このように多くの的中例があります。

 

しかし一方で、当たらなかったという例も確かにあります。

 

 

これはあくまで予測です。自然が相手なので当たらないことは当然あるでしょう。

 

ただ、実際に当たった例もたくさんありますので、防災意識の向上や、また地震への備えとして登録するのは全然ありだと思います。

 

合わせてどうぞ!

南太平洋ケルマデック諸島の地震は南海トラフの前兆?日本の地震に関係ある?【カンタベリー地震】

【2/13】千葉県銚子のグロブスターが地震を予知していた?正体や過去の事例なども!







-生活

執筆者: