Time!

タイムリーな情報がよくわかる!

芸能

ホリプロ17live賞の佐竹桃華さんが可愛い!出演動画や高校などプロフィールまとめ!バレエの技術もすごい!

投稿日:2020年12月14日 更新日:

f:id:sanndarukoukou:20201214073605j:plain



 

こんにちは。

 

「第44回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で17live賞を受賞したバレエ少女・佐竹桃華さんが可愛いと、ひそかに注目を浴びています。

 

この記事では、佐竹桃華さんの出演動画や画像、wikiプロフィールについてまとめたいと思います!

 

 

記事の内容!

・佐竹桃華さんのwikiプロフィール

・佐竹桃華さんの出演動画や可愛い画像!




佐竹桃華さんが可愛い!出演動画やプロフィール

 

まずはプロフィールから見ていきましょう!

 

佐竹桃華さんの簡単なプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃばん(@kawa19620)がシェアした投稿

 

 

名前:佐竹桃華

生年月日:2003/01/19

年齢:18歳

出身:京都府

学年:高校3年生

血液型:A型

 

 

佐竹桃華さんの出身高校はどこ?

 

おそらく、金閣寺や龍安寺の近くにある、「京都バレエ専門学校」の高等課程にいらっしゃると思われます。

 

本格的なバレリーナさんです。

 

佐竹桃華さんの学校について、こちらの記事を参考にしました。

参考:京都バレエ団・専門学校ブログ スピーチコンテスト

 

京都バレエ専門学校は、日本で唯一のバレエ専門学校で、バレエと学問を同時に学ぶ学校だそうです。

 

高等課程では大学入学の資格も取れますので、学問も本格的にしている学校だと思われます。

 

佐竹桃華さんはバレエ歴14年とのことで、18歳ですから人生の大半をバレエで過ごしていらっしゃるということですね。

 

今までのバレエの経歴や出演動画など

 

まず佐竹桃華さんの出演動画や画像についてですが、このようなショートムービーに出演されていました!

 

 

 

 

 

これは、ものすごく美人さんですね!目が大きくてとても可愛いです。

このルックスだと、バレエでも美しくみえるでしょう!!

 

 

このストーリー自体もかなり青春でいいですねえ。

こんな青春をもう一度味わってみたいもんです。。

 

 

また、こちらの「フレンチトーストのある食堂」では主演をされているようです。

 

 

フレンチトーストのある食堂

あらすじ

幼少期はおばあちゃんにべったりだった主人公・美奈(19)。思春期に入り少し疎遠になった頃祖母がくも膜下出血で倒れてしまう。美奈は一人で食堂を切り盛りして元気だった時の面影もなく弱りきって介護が必要になった祖母の姿を受け入れられず、ついにほとんど会いに行かないまま祖母が亡くなる。
祖母の葬儀から物語は始まる。葬儀が終わってからも祖母の死と向き合うことができず、塞ぎ込む美奈。気が乗らない中向かった遺品整理で、祖母のレシピノートを見つける。美奈は食堂を通して、料理を通して大好きなおばあちゃんの死と向き合っていく。

引用:映画『フレンチトーストのある食堂』予告編第2弾 – YouTube

 

また、バイク雑誌の紹介にも出ているようです。

かっこいい女性ライダー感が出ていますね!

 

佐竹桃華さんは今回の17Live賞受賞という輝かしい成績を上げています。

 

本人は受賞時、

「正直、まだ信じられないし、びっくりしています」「この賞に相応しいスターになれるよう、これからも精進してまいりたいと思います。本当にありがとうございます」

とコメントしていますが、本当にスターになって欲しいです!!

 

17Live賞受賞ということは、アプリ17LiveのCMを担当される可能性があるのでしょうか?

他にも賞を受賞されたり、活躍されているようです!

 

佐竹桃華さんが可愛い!可愛い画像まとめ

 

最後に佐竹桃華さんの可愛い画像をまとめました。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

mami(@mamihime_13)がシェアした投稿

 

 

17歳とは思えないほど大人っぽくてきれいですね!

私はもうすでに佐竹桃華さんの魅力に取り憑かれてしまいました(・∀・)。。

 

記事はここまでになります!最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

 

合わせてどうぞ!

【画像あり】奥仲麻琴が可愛い!胸が大きくて巨乳?かわいい画像やプロフィールまとめ!

【画像】森七菜が「隠れ巨乳」は本当?胸が大きい?過去の画像などから徹底検証







-芸能

執筆者: